眉. Myスタイル - ANASTASIA

あしたから、わたしまゆ

「自眉を活かした理想的な眉」を創り、そしてキープするには、生活の中で眉を意識することがとても大切。眉を知り、眉をケアし、そして眉を育てる。少しの意識が、あなたの眉をもっと素敵にしていきます。

  • 美しさを引き出す眉を育む
  • 美眉に導くホームケア

美しさを引き出す眉を育む

顔の印象は、眉毛で決まる!

眉毛は、顔の印象の80%を決めると言われる重要なパーツです。

例えば、口元が笑っていても、一直線の真っ直ぐな眉では無表情に見え、吊り上った眉だと怖い印象を与えてしまいます。

眉は表情筋に合わせて動く

眉の形で印象が変わってしまうのは、眉毛が眉弓(びきゅう)と呼ばれる骨の上に生え、
その周りに表情筋と呼ばれる筋肉がついていることに関係があります。
眉は、表情筋に合わせて動くため、眉の位置が骨や表情筋からずれると、感情に反した表情になってしまうのです。

眉がその人ならではの魅力を引き出す

好みの眉の形だけをイメージして、骨格や筋肉を意識せず、眉毛を抜いたり、切ったり、剃ってしまうと、本来の美しい表情を引き出すことは出来ません。 逆に、眉毛が骨格や筋肉にピッタリとはまっていると、人間味あふれる豊かな表情になり、その人の魅力が最大限に発揮されます。

眉は、その人自身を現すアイデンティティ的役割を果たしているのです。

サロンケアとホームケアのWケアが重要!

毛穴の汚れで眉毛も抜けやすく

眉毛の中に、ニキビや吹き出物が出来てしまった経験はありませんか?

原因は、毛穴に詰まった皮脂やメイク汚れ。
毛穴に老廃物や汚れが溜まると、肌トラブルだけでなく、眉毛も抜けやすくなってしまいます。眉の周りは、皮脂分泌が活発な部分なので、正しいクレンジングや洗顔で、眉毛を清潔に保つことが大切です。

眉にもブラッシングを

また、眉毛も髪の毛と同じように、ブラッシングは必須。しっかりとブラッシングすることで、眉毛の流れが整い、新陳代謝もスムーズになるため、眉毛が生えやすくなります。

ホームケアで眉毛を"育てる"

眉のお手入れは、眉の形を整えるだけでなく、健康的な眉毛を育てることが重要なのです。まずは、サロンで骨格や筋肉にあわせた眉に整え、毎日のホームケアで美しい眉毛を育みましょう!

美眉に導くホームケア
Before/After

美眉に導くホームケア

美眉ブラッシング法

ブラシの持ち方

できるだけブラシの端を持つのがポイント。
腕の力を抜き、親指、人差し指、中指の第一関節のみで、ブラシを軽く持ちます。

ブラッシングステップ

  • step1

    ブラシを水平に持ち、眉頭から5~6mmぐらいの毛を、真上に向かい垂直にブラッシング。手首だけを動かす感じで、ブラッシングを5回繰り返します。

  • step1

    眉山へと向かう毛量が一番多い部分は、斜め45度ぐらいの方向に向かい下から 上にブラッシングし、最後は眉尻へとつながるように横へ。ブラッシングを5回繰り返します。

  • step1

    眉尻は、横に向かいブラッシング。眉尻の毛は、下に向かって生えているので、横に4回ブラッシングした後、最後は、一度上に持ち上げてから横へとブラッシング。

もう一方の眉は…

持ち手は変えず、手首だけを返します。
慣れていないと力が入りすぎてしまうので、リラックスした状態で。余計な力を抜き、手首を使ってブラッシングするのがポイント。

眉毛のクレンジング&洗顔法

  • step1

    中指や薬指を使い、眉頭から眉尻へと円を描きながら、優しく洗う

  • step1

    眉尻から眉頭へ向かい、円を描きながら、優しく洗う。

  • step1

    眉頭から眉尻へ、眉尻から眉頭へと2度繰り返したら、丁寧にすすぐ。

美しさを引き出す眉を育む
Before/After
アナスタシアのお店を探す
PAGE TOP